寝るときは体を休めるために布団をしきますが、布団をしくのは畳であったりベッドであるなどライフスタイルによって異なります。

ただ寝ているときは布団を敷いていても、人間の身体から沢山の汗が出ていますから、布団の下にまで汗が染み込んでしまいます。

そうなると汗がこもってしまい、畳やマットレスに湿気がたまって、カビやダニが発生したりにおいを発生することにつながります。

そのため定期的にお手入れをすることが必要になります。

畳の場合は、畳表に使用されている素材は湿気を吸収する力が優れているので、カビが発生しないようにするため換気を良くすることが必要です。

そのため布団を敷いていないときは、畳の上に何ものせないようにして、部屋の中の風通しを良くします。

そして畳の目にそって掃除機をかけて、隙間に詰まったホコリやゴミを取り除き乾拭きをします。

乾拭きをすることによって、畳の湿気を取り除くことにつながります。

濡れた雑巾を使うと、畳の光沢がなくなったり、逆に湿気を畳みに与えてしまうことになるので注意が必要です。

また畳は実は取り外すことが可能なので、年に1~2回は畳を取り外して天気の良い日に太陽の下に干すこともお手入れをすることになります。

普段は畳焼けをしないように注意をしていることも多いですが、年に1回程度であれば、太陽の光をあてても過度に日焼けをすることはありませんし、ダニの発生を抑えてホコリなどを取り除く良い機会になります。

また、ベッドのお手入れ方法としても天日干しをすることが有効です。

ベッドの場合はマットレスの上に布団や敷きパッドをしいて使用していますが、やはり汗やホコリなどがマットレスの中にも溜まりがちです。

ホコリが多く、湿った部分はダニが好む場所であり、ダニそのものだけでなく、ダニの死骸もアレルギーを誘発する原因になります。

ただマットレスは重くて嵩張るものですから、頻繁に天日干しをするのが難しいといえます。

そのため、お手入れ方法として掃除機を使ってホコリやダニを吸い込むという方法が有効です。

そして普段からのお手入れ方法として、湿気がたまらないようにするために、窓を開けて風通しを良くしたり、扇風機を使って風を送り込むことを行います。

風通しを良くするだけで、湿気を抑えることができ、ダニの発生を抑えることができます。

扇風機を使って風をおくった後は、部屋の中に粉状のホコリやダニの死骸が散らかっていることがありますから、しっかり掃除機をかけるようにしましょう。

畳ベッドの魅力と最新動向