布団が干せるベッド選びとして人気があるのがすのこタイプです。

カビ対策に強い特徴があります。すのこタイプには便利な折りたたみ型と寝心地を重視したベッド型があります。寝心地だけを考えるならベッド型のほうがおすすめです。

床に直接敷くタイプの折りたたみ型は、使わないときには折りたたんでコンパクトに収納できるため簡易な作りになっていることが多いです。

また、耐荷重試験を行うことも難しいため耐荷重の表記が出来ない商品が一般的で、価格だけ重視して安いすのこベッドを買うと直ぐに壊れてしまうこともあるので注意が必要です。

折り畳み式はあくまで通気性を確保するためのマットの一種として考えた方が良いでしょう。

部屋のスペースを有効活用できる収納すのこベッドのタイプや、フローリングに寝ていて布団にカビが生えてしまい下にすのこを敷く人もいます。

このタイプだと折りたたんだ時にそのまま干すことも出来るため、敷きっ放しのときと比べてもカビの原因になる湿気をたくさん逃せて衛生的です。

寝心地には少し難があるので、厚みのある敷き布団や高反発マットレスを組み合わせると寝心地もよくなります。

西洋式のベッドタイプは選択肢がたくさんあってデザイン性も高い物が多いためインテリアとしては最適です。また、起き上がりのときに膝の負担が少ないので楽に立ち上がることができて便利です。

しかし布団がしきっぱなし状態が多くなりがちなため、湿気気味になりやすい問題があります。マットレスを上げて換気を行った方が望ましいですが、女性だと持ち上げることが難しく困難な場合があります。

ただ、日本は高温多湿なため湿気がこもりやすくカビも生えやすいため、日本家屋は木造で布団の上げ下げが簡単な布団が多いのです。

最近は機密性が高いマンションも増えているため、湿気がこもりやすくなっています。すのこタイプは湿度が高い日本の気候に合わせて作られたベッドです。

折り畳み式ベッドだとスペースに余裕がなくても使えて、フローリングに敷くのと比べて通風に優れています。

ただ、寝心地や耐久性が劣るため、価格が多少高額でもしっかりとした作りのタイプを選んだ方がおすすめです。

また、敷くものもサイズがピッタリと合うたものに変更するだけで寝心地も改善できます。

スペースに余裕がある場合だけですが、すのこタイプで折りたたみ式と迷ったときには寝心地に優れているベッド型がおすすめです。

すのこタイプは干す回数も少なく手間が少なくて便利です。

▼ この様に干し機能がついているすのこベッドもあります。

収納ベッド セミシングル 深さレギュラー【フレームのみ】フレームカラー:ホワイト 1台で3役使える 国産頑丈すのこ跳ね上げ式大容量収納ベッド Long force ロングフォルス

Long-force 布団が干せるすのこベッド
Long-force 布団が干せるすのこベッド

上げ下ろしが面倒な人でも布団で眠ることが出来ます。また、寝ている間にすのこの隙間から湿気を逃してくれます。