赤ちゃんから、幼児、子供、青年、成人、熟年、老人となるまで人生の3分の1の時間を過ごす睡眠時間を、快適に過ごせるように、日本の風土にあった睡眠環境を整えたいものです。
日本に古くからある布団を敷き、押入れにしまう文化も、フローリングとクローゼットの室内を便利に感じる時代になった事でベッド文化に注目が移るようになって来ました。

海外と日本の大手ベッドメーカーの開発史を確認し、その具体的な取り組み内容を把握します。

海外のベッド、日本のベッド

気候風土が違う海外で開発され利用されて来たベッドと言う存在は、日本においてどの様に受け入れられて来たのでしょう?
睡眠を科学の目で見つめて開発されたベッドにまつわる機能は、その後日本人の創意工夫によってどの様に発展して来たのかを確認していきます。

海外と日本の主要大手ベッドメーカーが、どの様なスタンスでベッドを生み出して来たのかを確認しておきましょう。
海外の人が、ベッドを利用する長い歴史の中で、何が大切にされて来たのでしょう?
その後日本でベッドが生産される様になり、日本の風土に合わせて何が重要視されて開発されているのでしょう?

海外の習慣をそのまま日本で利用すると何らかの問題が発生する事でしょう。
その課題を、日本人の視点で克服する事によって新たなベッドの世界が切り開かれてきたのだと思います。
例えばウォシュレットは、アメリカの医療用品として先に開発されていて普及していなかったものを、日本の家電メーカーが、試行錯誤の工夫を重ねて今や日常の生活に無くてはならない物になり、世界中の関心を獲得し普及が始まっています。

日本人のベッドに向ける創意工夫の中から今まで以上に快適な睡眠を実現するベッドが、開発されていいるのです。

海外3社と日本3社の主なベッドメーカー

海外の主要ベッドメーカー

①シーリーベッド
アメリカ、、テキサス州シーリータウンで1881年に設立されたマットレスのトップブランド。
「柔らかなマットレス」が主流だった時代に、科学的に睡眠を分析した結果「サポート力の高いマットレス」が人気を獲得して大ヒット。
毎年大きな研究開発費によって最先端技術を元に進化を続けておりブランドとして信頼されている。
日本での販売は、テンピュール・シーリー・ジャパンが担当している。
http://www.sealy.com/

②アップホルスターベッド
1926年にドイツのラスタット工場で生産を開始し、RUF ルフが代表ブランドのドイツのベッドメーカー。
カラーの選択肢が広いファブリックフレームを特徴としており、自分らしいベッドルームを作れるとヨーロッパで人気のメーカーの一つです。
http://www.ruf-betten.jp/

③SIMMONS シモンズ
1870年アメリカのミシガンから世界初のマットレスを発売し注目を浴び続けています。
1925年に初めて「ポケットコイルマットレス」を発売し世界のベッドメーカーとしての地位を確率しました。

アメリカ人の17%位の人が、シモンズのベッドで寝ていると言う人気を誇っており、今も先端の睡眠科学を研究し商品に結びつけ続けています。

日本へは、東京オリンピックがあった1964年に進出し、厚い信頼を獲得しています。
http://www.simmons.co.jp/

———————————–
日本の主要ベッドメーカー

①日本ベッド
1926年創業の日本で最も歴史のある老舗ベッドメーカーです。
ベッドライフを日本に定着させたパイオニアであり、帝国ホテル等の一流ホテルや迎賓館等にも納入されており信頼される実績を残しています。

「ポケットコイル」を人気商品に育てあげ、特徴のある人気商品のシングルサイズの「シルキーポケットマットレス」は、通常の2倍以上ポケットコイルが、1,200個使われていて、「絹の寝心地」とも称されている位です。
http://www.nihonbed.com/

 

②フランスベッド
日本の狭い住宅事情に合わせて作った分割式のソファベッドとして「フランスベッド」が1959年に発売され大ヒットしました。
その後、薄型ヘッドボードの省スペースベッドや、湿気が高い日本でも快適に利用出来るように、通気性の高いマットレスの開発等で日本に置ける信頼出来るブランドに育っています。
そのため国内の主要なホテルのも導入されています。
http://www.francebed.co.jp/

France Bed マットレスの種類

France Bed 羊毛入りデュラテクノマットレス

③ASLEEP アスリープ
2006年に設立されたアイシン精機によるベッドとマットレスのブランドです。
前身の「トヨタベッド」は、1966年に開業し高品質なベッドを製造して来ました。
日本の布団を干す文化を踏襲した、天日干しや水洗いが出来るマットレスが開発されました。
http://www.aisin-asleep.com/

日本向けのベッド文化

海外において大量生産の時代になり、スプリングの効いた快適に睡眠出来るスプリングマットレスが人気を獲得しました。
その後より快適なポケットコイルマットレスが利用されるようになり、睡眠を科学的に分析した結果をベッドに反映しより良い眠りを実現出来るようになっています。

日本メーカーは、日本の風土に合う仕様を備えたベッドを開発し独自のスタンスを確保して来ました。
そしてそれは、世界中の人々にも愛されるベッドとして普及するようにもなって来ているのです。

日本では、布団を干すように、マットレスを干したり水洗い出来る商品も生み出されています。
組み立てやすく、分解し易く、掃除もし易い、快適なベッドライフを実現できるベッドが、日々開発され新たなアイデアが盛り込まれた魅力的なベッドとして凄い勢いで販売されています。

それらの多彩な魅力を持ったベッドを、細かく分類されたベッドを展示されたところで確認したいものです。
実店舗の限られたスペースよりも、インターネットのベッドショップの方が、展示数が多くじっくりと内容を確認する事が出来て購入後の満足度が高い場合もある程です。

ポケットコイル等の寝心地感をショールームで確認し、様々な機能はネットショップで探す流れがベッド選びで大切になってきました。

ベッドがじっくり選べるインターネット通販

大手の高級ベッドと同様の高品質なベッドが、インターネットの普及によって流通経路を短縮し格安なベッドとして手に入る時代になりました。
広大な場所が必要なベッドのショールームには、限られた数のベッドした置けませんが、インターネットショップには、数万点のベッドが展示されているところもあります。
その多彩な選択肢の中から自分に最適なベッドを、納得出来るまで吟味する事が出来るの様になったのです。