安眠するためには寝る時に関わってくる色々なものが自分にぴったりと合っていなくてはいけません。

その中で毛布は肌に直接触れることもあり、選び方が非常に重要になってくるもののひとつです。

毛布を選ぶ前に考えておかないといけないことはどのような布団を使うかです。

布団と一緒に使うことを想定している場合には、布団の種類が決まってから選ぶと失敗せずに済みます。

羽毛布団と一緒に使う時には羽毛の最大の魅力である軽さを妨げない物が良いでしょう。

羽毛は軽さがあるために身体に密着しづらく隙間があいてしまって寒さを感じる人が多いようです。

基本的に羽毛の掛け布団は保温性に優れているので、保温性よりも身体に密着するような薄めの物を選ぶと良いのです。

羽毛の掛け布団は軽くてベッドを使っている時にはずり落ちてしまいがちなため、滑るような素材のものを選ぶと一緒に使っているうちに上になる羽毛の掛け布団だけが滑り落ちてしまうことがあります。

重ねた時に滑り過ぎないような素材にしておくと安心です。

掛け布団に綿の物を使う時には保温性にやや欠けるので、ウールなどしっかりと暖かいものを選ぶと夜間に冷えることなく過ごせるでしょう。

毛布の選び方のもう一つのポイントは素材です。
直接肌に触れることがあるので、自分が触って気持ちが良いと感じるものを選びましょう。

肌が敏感な方は化学繊維では肌の痒みがでることがあるので、天然素材を使ってあるものや、毛羽立ちが少なく肌への刺激が少ないものを使用するなど、自分の肌質と相談しながら決めてください。

気持ち良さと共に汗を吸い取る力も重要です。
ポリエステルなどは汗を吸う能力が低いので、布団の中で汗をかいた時には蒸れやすくなる時があります。

触った時には暖かく感じても、かいた汗を吸わないと身体が濡れた状態になり冷えてしまいます。

しかし、ポリエステルには洗濯がしやすいという点では優れています。

気軽に洗濯できるので汗をかいたらこまめに自宅で洗濯をすることができます。

ウールやシルクなど天然素材のものは自宅で洗濯ができないものがあるので汗をかいても簡単には洗濯ができないことがあります。

ウールやシルクは暖かさという点ではとても優れていて、蒸れることがないので寝ている間に汗をかいて身体が冷えてしまうということがありません。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、自分のライフスタイルに合ったほうを選びましょう。もしくは汗のかきやすい季節と一番寒い季節で毛布を使い分けるのもおすすめです。