部屋の中でも一番スペースをとってしまうのがベッドです。そこで最近人気なのがコンパクトなタイプです。

選び方として空間が開放的に使えるロータイプやフロア、幅がシングルよりも狭いセミシングルなどがありますが、他にも人気があるのが長さが短い180cmコンパクトマットレスのタイプです。

この長さだと足が出てしまうのではないかと心配になりますが、日本人女性には向いています。一般的なマットレスの長さは195cmで、日本人女性の平均身長は154.2㎝です。長さが180cmでも身長が160cmくらいまでなら窮屈さも感じることなく快適に眠ることが出来ます。

通常のマットレスは195cmで固定されていて、幅もセミシングルだと80cm、シングルサイズなら100cmで広々と眠りたいときはセミダブルで120cmです。

ベッドの幅は寝心地には重要で、幅が広い方が寝返りも打ちやすいです。
寝返りを打つことで体に一部分にだけ体重がかかって、血液などの循環が悪くなることを避けて暑い季節でもこもった湿度や湿気を逃し快眠を保てます。寝返りのしやすさは睡眠の快適さになります。

幅は睡眠の快適さには欠かせませんが、長さが気になって眠れないということは長身でない限りありません。身長が低い女性ならまず長さが短めでも問題はないといえます。部屋の広さを確保するためにサイズをコンパクトにしたいときには、快眠をするためにも長さを短めにすることがオススメな選び方です。

コンパクトにすることで部屋にもゆとりが生まれてスペースも有効活用できますし、これまで諦めていた場所でも設置が可能になります。一般的な195cmと180cmだとたった15cmしかないと感じますが、実はこの15cmが案外重要となることもあります。

180cmベッドのメリットは省スペースで部屋が広く見えることや、小柄な女性ならこのサイズでぴったりで子供用としても活躍できることです。また、サイズが小さいため運び込むときや模様替えをする時も楽です。部屋のスペースをとらなくなることがやはり最大のメリットといえます。大きさが15cm違うことで空いたスペースも他のことに有効活用できます。

例えばマンションやアパートなどの6畳だと通常なら113cmしか部屋の長さが残りませんが、180cmだと128cm残ります。残りのスペースにソファを置くときにも128cmあれば2人掛けも選べます。またデスクも120cmを置けるようになります。