人によっては枕が変わるだけで安眠できない人がいます。

これは家の枕と比べて高さが違ったり柔らかさが違ったりするためです。
つまり、その人によって安眠できる枕には個人差があります。

選び方もその人の要望に合わせた形が良く、世間で人気だからなどの理由だけで安直に選ばないことが大切です。

安眠枕 APウェイビー ピロー
安眠枕 APウェイビー ピロー

まず理想的な枕の高さを知ることです。
その人にとって低いものだと質のいい睡眠がしにくくなり、反対に高いものだと首が疲れてリラックスできない特徴があります。

自分にとって最適な高さがどれくらいなのかを知る場合、横向きで寝てみることをおすすめします。

それで顔の中心と身体の中心が同じになる場所が高さとして最適です。寝る姿勢として最も理想的なのは正しく立っている姿勢でそのまま横になる状況とされています。
この方がリラックスができ、首に負担がかかることもなくなります。

次は硬さです。柔らかければ理想的な高さのものを見つけても沈みこんでしまうため、結局は首に負担がかかります。

硬さで求められるのは頭部をしっかりと支えてくれるものであり、常に反発してくれるようなものがおすすめです。

頭の重さを支えきれないようなものでは沈みこんでしまい、いびきの原因となり質のいい睡眠ができません。

耐低温の安眠枕 
耐低温の安眠枕 APウェイビー ピロー/高反発枕

頭頂部の部分が沈み込み、首筋が伸びるような形のものでは口呼吸になりやすく、いびきや風邪などの原因になりやすいです。
形や硬さが悪いだけでも様々な不都合が生じることを知る必要があります。

枕の高さや硬さなどを知ればそれで十分とはいかないのも難しい部分です。

結局は布団やマットレスとの兼ね合いになります。

布団やマットレスが柔らかいものであれば多少沈み込むことが予想されるため、それに合わせた微調整が必要です。

高さとしては完璧だったとしても、布団の影響でわずかに狂いが生じることも十分にあります。
選び方としては布団を含めた形で検討していくのが理想です。
特に安眠を考える場合には布団を含めてのトータルでの考え方が求められます。

本当に安眠を求めるのであれば、専用のものを作ってもらうこともおすすめです。
オーダーメイドで作ってもらうことができるため、確実に自分にマッチしたものを手にできます。

もし実際に使ってみてしっくりこなければ、無料でメンテナンスをしてくれるところもあります。
オーダーメイドのものは普通のものに比べて値段がかかりますが、安眠ができるとなればそれだけの投資は決して高いものとはなりません。

APウェイビー ピロー/高反発枕