ベッド選びでは、サイズ・収納スペース・価格が重視されています。

お部屋の広さに合わせるならサイズは重要ですし、スペースを有効活用できればお部屋もスッキリします。

価格も高額すぎると予算内に納めることができないため、店舗で購入するときには重要なポイントです。

しかしベッド選びで重視したいポイントは、サイズや収納スペースと価格だけではありません。

枕元にコンセントがあることも、お店で選ぶときには重視したいポイント一つです。
コンセントの有無を重視すべきなのは、利便性に直結するからです。

Dublin 4口コンセント付きベッドのヘッドボードDublin 4口コンセント付きベッドのヘッドボード

もし枕元に照明器具を置きたい場合には、壁にある既存のコンセントを使わなければいけません。

壁にある既存のものは、テレビやレコーダーなどの家電製品ですべて使っている場合が多いでしょう。

また距離が近ければ届きますが、離れすぎている場合は延長コードを使わなければいけません。
延長コードを使うとゴチャゴチャしてお部屋がスッキリ見えませんし、掃除の邪魔にもなります。

しかし枕元にあれば、延長コードを使う必要もなくほかの家電製品と競合する可能性も低いのです。

照明器具もスッキリと取り付けられるので、設置する場所の自由度も上がる事でしょう。

寝る前に読書をする方や明かりをつけて眠りたい方には、枕元にあると利便性を実感する機会は多くなります。

利便性を実感できるのは、照明器具を使うときだけではありません。
スマートフォンやタブレット端末の充電をするときにも、便利だと実感することが多くあります。

現在の社会生活において、スマートフォンやタブレット端末はなくてはならない存在です。
特にスマートフォンの電源が切れてしまうと誰にも連絡できなくなり、一日中不安になる人が多くいます。

枕元にコンセントがあれば、寝る前にスマートフォンの充電をする習慣が付きやすくなります。
寝る前にスマートフォンでメールやSNSを使ったときも、暖かいベッドから出ることなくその場で充電してから眠れるので非常に便利です。

ほかにもコンセントが付いているベッドなら、枕元でアロマを炊いて眠りたいときや電気毛布などの暖房器具も使いやすくなります。

そのため最近では非常に人気が高く、様々なタイプの製品に取り付けられています。
あると非常に便利なポイントなので、ベッド選びをするときには重視しておくと良いでしょう。
一度使えばその利便性に気づいて、使えないことが考えられなくなるほど便利だと思えます。

03-02 4口コンセント付きベッドの魅力