落ち着きのある間接照明に薄っすらと照らされたお気に入りのベッドに滑り込み、喧騒の世界から静寂の自分の時間へ。
スイッチがオンからオフへ瞬時に切り替えられる快適なベッドを選びたいものです。
そのためには、多彩なベッドの全体像を把握し、気に入るベッド探しを始めましょう。

多彩なベッドの中からあなたに最適なベッドの選び方を説明します。

多彩なベッドから最適なベッドを選ぶ

Reister-脚付きベッド
Reister-脚付きベッド

多彩なベッドの種類があって嬉しい半面ベッド選びは、大変難しくなりました。
「いったいどのベッドを選べばいいの?」と迷う程バリエーション豊富に揃っています。
それらのベッドの中から、あなたに最適なベッドを選ぶための情報をベッドのタイプ別に整理していきましょう。
ベッド選びの参考にご活用ください。

畳の部屋をリフォームしてフローリングに替え、ベッドやソファーを置くご家庭が増えています。
そのため今まで布団で寝ていた方が、ベッドに替えたいという方が増えているのです。
海外の寝室に置かれていたベッドが、日本の部屋に普及し、今やベッドのタイプが多彩!さまざまなニーズに対応出来るようになりました。

広々とした家具のショールームへ行くと色々なベッドがずらりと並べられていますが、それを1点ずつ確認して行こうとするとあまりにも種類が多いために、その全体像が把握出来ないで少々イライラしてしまいます。

多彩なベッドの中から自分に最適なベッドが選べる様に、その全体像とそれぞれの概要を確認していきましょう。

最適なベッドを選ぶ重要な3つのポイント

ベッド選びのポイントはどれも欠かす事が出来ません。
ひとつずつ確実に選択して絞り込んで行きましょう。


①サイズからベッドを選ぶ

1人用には、シングル(幅:100cm前後)を基本に小柄な方には、セミシングル(幅:90cm前後)を。少し余裕が欲しい方には、セミダブル(幅:120cm前後)が利用できます。
私は、5,5畳の寝室にセミダブルの折りたたみベッドを置いていましたが、専用の部屋が確保出来るのであればセミダブルは扱いやすく過ごしやすいサイズだと思いました。

2人用には、ダブル(幅:140cm前後)を基本に、省スペースなセミダブル。少し余裕が欲しい方には、クイーンサイズ(幅:160cm前後)が、将来赤ちゃんも一緒に寝る可能性がある場合は、キングサイズ(幅が180cm前後)だと安心。

3人以上用には、ファミリータイプの幅が2m~3m程度までの連結固定式のベッドが便利です。 将来お子様が独立する時の事を考えて複数のサイズのベッドを組み合わせる事が出来ます。

長さは、通常2m位ですが、ロングタイプとして2m15cm。ショートタイプとして1m80cm程度のベッドも選べますので、自分の身長に合わせて選ぶ事が出来ますので、検討してみてください。


②基本タイプからベッドを選ぶ

昔からベッドの基本は、4本脚付きベッドでした。 マットレスが湿気を下に逃すため、日本式の敷き布団を干すという手間がいらない手軽さがメリットで普及して来ました。
しかし日本では、住宅事情から省スペースなベッドを求められた結果、マットレスの下に収納ボックスを備えた収納ベッドが大変人気になっています。

さらに日本の狭い空間を極力広く見せられる低いフロアベッド、ローベッドが人気です。
寝床の下には、空間を確保されていますが、ベッドの周囲が密閉して居る場合もあるため通気性の確保や掃除をしっかり意識してカビやダニが発生シないように注意する必要があります。

クローゼットが備わっていて収納の心配が無いのであれば、脚付きベッドを選べないか検討しましょう。
次に収納スペースがどうしても必要ということであれば、収納ベッドや収納ボックスが置けるロフトベッド等を選びます。

また一人住まいの方が、ベッドを自分で移動させて模様替えしたり頻繁に引っ越しする方等には、分割式のマットレスベッドも人気です。 ベッドの下にはスペースもあるため収納ボックスを買って来て自分で設置する場合もあります。

基本的なタイプを決定し、同時に機能もチェックしましょう。
スマホを充電出来るコンセント(1口、2口、4口)や棚(宮付き)は付いているのか?
2名が乗っても丈夫な耐荷重は、しっかりしているのか? 通常100kg程度ですが、600kgの耐荷重ベッドも売り出され注目されています。
アレルギーが心配な方は、低ホルムアルデヒド対応のベッド素材やマットレス素材もチェックしましょう。


③ライフスタイル・趣味性からベッドを選ぶ

モダンデザイン:一人暮らし男性のカッコよい
レディスベッド:女性の一人暮らしにお洒落な
姫系ベッド:少女向きの可愛い
北欧ベッド:天然木を生かした
畳ベッド:和風の部屋に合う布団が敷けるフロアベッド:お洒落な広々と見える部屋にする
脚付きベッド:ベッド本来の通気性の良さをもっとも発揮できるベッド
折りたたみベッド:隅々まで掃除し易い
ロフトベッド:省スペースな自分空間
高級ベッド:安心の高品質
背もたれベッド:ベッドで寛ぐ憩いの時を過ごす
ソファベッド:ソファがベッドに変身し来客に対応
電動ベッド:高齢者の姿勢変更を補助して楽に過ごせる
ファミリーベッド:複数台を連結して一体化
2段ベッド:子供の省スペースベッド
3段ベッド:来客時には、下段を引出すベッド
アジアンベッド:自然素材を生かした雰囲気のあるベッド
エアーベッド:旅行にも持ち運べる軽量ベッド

まとめ

色々な種類があって目移りする多彩な種類のベッドの中から、自分に最適なベッドを選ぶためには、手順をしっかり踏むことが肝心です。
①サイズからベッドを選ぶ
②基本タイプからベッドを選ぶ
③ライフスタイル・趣味性からベッドを選ぶ

展示スペースが限られたショールームでは、限られた数のベッドが展示されており、そのお店の特徴を元に展示ベッドには、偏りがある可能性もあります。
実物では、横になった時のマットレスの寝心地体験や、高さの雰囲気をつかむ事に集中しましょう。
そして自分に最適なベッドを決定するためには、種類が豊富なインターネット通販ショップが便利です。

ベッドのタイプ別に、特徴を把握してベッドの通販専門店を活用し、自分に最適なベッドを見つけ出しましょう。
品質にシビアな日本に向けて開発されたベッドが、インターネットの効率的な物流網を活用して運営されており、即日出荷ベッドも豊富に揃っています。
通販ショップのメリットをしっかりと生かしましょう。

あなたの部屋にベッドを置いて快眠している姿を想像すると、どのタイプのベッドが最適なのか?
多彩なベッドが、しっかり分類されている通販ショップで、タイプ別にベッドの仕様を確認するのことによって、便利で素早いベッド選びができる事でしょう。



人気ベッド通販は、このショップがおすすめです。

ベッド館のトップパネル
人気ベッドで快適ライフを!

約2万点以上のベッドを、細かく分類した、分かりやすさ優先のショップです。

ネット販売の特性を生かした大量生産と物流網の効率化によって、高品質なベッドが、格安に販売されています。

引っ越し直前で急ぎの場合に便利な【即日出荷】ベッドが約500種類以上あり常時出荷体制の、ベッドに燃えるメンバーが運営中です。しかもほとんどのベッドが送料無料です。
組み立てが難しいベッドには、【組立設置費込】も設定されており、一人暮らしの方でも安心してベッドを選ぶことができる人気ベッドが揃った、おすすめのショップです。

詳しくはこちらボタン